令和3年3月新規高校卒業者職業紹介状況(令和2年7月末現在)

2020年9月16日

【調査元:秋田労働局】

秋田労働局では、令和2年7月末現在における、令和3年3月新規高校卒業者の求人・求職状況をとりまとめました。

【概況】
・県内求人倍率は平成30年3月卒から4年連続で2倍を超えて2.69倍となった。
・7月末時点での県内求人数は前年同期比673人減(▲15.6%)となり、ほぼ全ての産業において依然として求人数の減少が見られるが、求人数全体としては、6月末時点での求人数が前年同期比22.7%の減少だったため、減少割合はやや改善した。

〇県内求人数3,648人(前年同期比▲673人、▲15.6%)
<主な産業>
◆建設業911人(同▲37人、▲3.9%) ◆宿泊・飲食サービス業83人(同▲160人、▲65.8%)
◆製造業915人(同▲279人、▲23.4%) ◆医療・福祉453人(同▲37人、▲7.6%)
◆卸売・小売業487人(同▲37人、▲7.1%) ◆サービス業462人(同▲47人、▲9.2%)

〇就職希望者数1,928人(前年同期比▲266人、▲12.1%)
うち県内就職希望者数1,355人(同▲176人、▲11.5%)
うち県外就職希望者数573人(同▲90人、▲13.6%)
(参考)高校3年生の生徒数(卒業予定者) 7,729人(前年比▲459人、▲5.6%)

〇県内就職希望割合70.3%(前年同期比+0.5pt)

〇県内求人倍率2.69倍(前年同期比▲0.13pt)

〇県内求人倍率2.15倍(前年同期比▲0.32pt)